京都で注文住宅建てるなら!

京都で注文住宅を建てるために

注文住宅の基礎知識:住宅工法の種類

注文住宅は様々なものに対応することが可能で、理想に近づけたものを作りやすいです。その際に重要になるものの一つに住宅工法があり、その種類もしっかりと把握しておくことが重要です。住宅工法は大きく分けて三つで、木造にS造そしてRC造になります。さらにまた細かく分類されるため、注文住宅を建てる際にはどういったものがいいのかよく知っておくことが大事です。
木造ですがこれは二つにわけることができ、軸組み工法とツーバイフォー工法です。軸組み工法は昔から日本で行われてきた、伝統的な工法であり今でも多くの住宅でこれが採用されています。木材で土台や柱に梁といった軸材を組んで骨組みを作っており、敷地条件などに対して設計の自由度が高いことが特徴です。またこれにパネルを組み合わせたものもあり、耐震性能が向上します。ツーバイフォー工法は北米から伝わってきた住宅工法であり、木材や釘などが規格化されている特徴があります。これにより大工の腕に影響されず、安定した品質の家を建てることが可能です。
S造も二つにわけることができ、鉄骨軸組工法と重量鉄骨ラーメン工法です。鉄骨軸組では柱や梁といった構造体を、厚さ6mm以下の鋼材で作ります。工業製品で大量生産できるので品質が安定していますが、規格化されているので設計の自由度はありません。重量鉄骨ラーメン工法ではオフィスビルなどを作るときと同じであり、使用する鋼材も6mm以上の厚いものを使います。ビル形式の住宅やマンションで使われる方法なので、注文住宅ではなじみのないものです。
RCは鉄筋コンクリート構造であり、柱や梁に壁といったものを鉄筋を組んでコンクリートを流して作るものです。鉄筋とコンクリートにより強固となっているので、耐久性や耐震性に優れています。どのような形でも作ることができるので、デザインの自由度も高いです。このように注文住宅を作る際には様々な住宅工法があるので、それぞれの特徴を押さえておくことが必要になります。

注文住宅の注文から完成までの流れを学ぼう

注文住宅の購入を検討している時。全体的にどのような流れで取引が行われるのかを知っておくと効率的です。あらかじめ流れを知っておけば取引をスムーズに進められますし、何をすれば良いのか困る事も少なくなります。

 

まず、住宅を建てる土地を探す事になります。駅から近い、職場に近いなど人それぞれ条件は変わってきますが、土地の広さで建てられる家の大きさも変わるため注意が必要です。消防法などもあるため、購入した土地と同じ大きさの家を建てられるのではなく、少し小さくなると考えておくと良いです。

 

ある程度土地が絞れたら、いよいよ工務店や建築家などと取引する事になります。ここでは多くの契約を結ぶことになるため、慎重に進める事が必要です。特に、家のローンや法律などは知っておかなければならないため、契約時には何度も確認する必要があります。

 

契約などを理解すると、家の内装や外装などを検討する事になります。できれば自分でこんな家にしたい、というイメージを持っているほうがスムーズに取引を進められます。せっかくの注文住宅、あれもこれもと条件をつい増やしてしまいがちですが、絶対にこの条件は欲しい、など優先順位を決めて絞っていくほうがよいでしょう。あまりにも条件が多すぎると逆に住みづらい家になりがちです。

 

契約が済み、注文が終わるといよいよ建築が始まります。家の大きさや工務店によって建築期間は大きく変わるため、大体一年くらいはかかる、と考えておくと計画が立てやすくなります。その間は当然元の家、もしくはホテルなどに寝泊まりする事になるため、この間に引っ越しの準備や挨拶回りなどを進めるとよいでしょう。建設が終わると、受け渡しの取引があり家が手に入ります。

 

注文住宅を購入する時の流れはこのようになります。これは簡単にまとめた物なので、実際にはそれぞれの取引や契約などに時間がかかり、非常に疲れます。しかし、その分自分で考えて建てた注文住宅は魅力的ですし、大切に使えば一生付き合う事になります。しっかりと取引の流れを理解しておき、失敗をしないよう心がけましょう。

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅と建売り住宅には大きな違いがあります。注文住宅は一般に依頼者の要望を聞いてからプランを作成し、それにより施工を行います。それに対して建売り住宅は、購入者が決まらないうちに住宅を完成させてしまいます。注文住宅の供給者はハウスメーカーや工務店があります。設計事務所が関わる物件もこれに含まれます。建売り住宅の供給者は主に地元の不動産デベロッパーです。この場合の設計は地元の設計事務所が行い、施工は工務店が担当するのが一般的です。両者の違いは見た目にはわかりません。家を建てる行程に大きな違いがあるだけで、完成品そのものには大きな違いが無い場合もあります。

 

注文住宅のメリットは、依頼者の要望が設計に反映されることです。自分の家の設計に関われることで、施主は大きな満足感を得られます。ハウスメーカーの場合はプランの作成に施主の要望を聞きいれ、仕様は自社の標準を用いるのが一般的です。間取りは自由にできても、構造や仕上げはその会社の標準に従う必要があります。工務店や設計事務所に依頼した場合は、プランだけでなく、構造や仕上げにも施主の要望が取り入れられる可能性があります。それだけ施主の責任は重くなります。

 

建売り住宅のメリットは、完成した住宅を確認できることです。住宅をつくる場合、設計時点の印象と完成品の印象が異なる場合があります。建売りは完成品を確認できるので、認識の齟齬をなくすことができます。建売りは工事の途中を確認できないデメリットがあるので、他の方法で性能を担保することが大切です。住宅性能保証制度による等級や、長期優良住宅などの認定は、一定の性能を担保してくれるものです。注文住宅は間取りに力点が置かれるのに対して、建売りは土地の選択に力点が置かれています。利便性の良い敷地を確保するためには、注文住宅にこだわらない姿勢が望まれます。住宅はどこに依頼したとしても、実際につくるのは地元の工務店です。そのために注文住宅と建売りの品質には、さほどの差が出ないのが一般的です。

注文住宅で狭小住宅を建てるポイントとは

注文住宅で狭小住宅を建てるポイントはいくつかあります。狭小住宅と言っても、土地は狭小で、したがって家の外観は小さいが、中に入ると「あれ、こんなに広いスペースがあるのだ」と誰しもがびっくりするような間取りや空間があるものを目指してのことになります。
まずは設計上のことですが、できるだけ間仕切りは少なくするということです。壁が沢山あったり、ドアや仕切り版のようなものがあると、どうしても目線がそこにぶつかるので、狭く見えてしまいます。できるだけ視線が遠くまで届くようにすることが肝心です。そして実際問題としても、その部屋で過ごすときにも小さく区切られた部屋などは使い勝手が悪くなるので避けるのが賢明なのです。
次に、目線は上の方や下の方にはそれほど行かないのが人間の本性ですから、この部分はいろいろ工夫することです。例えばキッチンであれば流し台の下、そして天井に近い空間に当たるところです。ここは物を収納するために棚や戸棚などをつけることです。キッチン周りでは床下に収納庫を作ることもいいものです。調理器具や食器などのための専用の収納庫を購入するようなことは避ける方がいいのです。
押し入れに関しては、布団を収納することが多いのですが、そのままですと結構無駄なスペースができしまうので、間口が180pであれば110pで区切ってもらい、残りの70pは上下筒抜けにして、洋服ダンスの代わりにすると有効なスペースになります。天袋も必ずつけてもらい、物の収納に役立てることです。
その他の場所でも、ベッドの下や椅子などの関係でも、様々な品物を入れておけるように工夫すると一層便利さが増します。
そして極め付きは壁の利用になります。耐震などで構造的に無理な場合を除いて、壁の中は空洞になっているケースがほとんどです。この空洞の一部をデコレーションして、書物や飾り物を置けるようにすると、空間の広がりもでき、見た目も良くなります。
という具合にいろいろ工夫すると狭いところでも広い印象で便利な住宅になります。

注文住宅に必要な住宅ローンとは

注文住宅を購入する時には、どのくらいの費用なのかで支払い方法を考えなくてはなりません。一括で購入が出来る費用を持っていればいいですが、そこまでの予算がない場合には、福岡で住宅ローンを組んで支払いをしていくようになります。
銀行などで住宅ローンを組むようにすれば、建築会社に必要な費用を支払うことが出来、その後は銀行にローンの返済をしていかなくてはなりません。
住宅ローンを組んで支払いをしていこうと思うのであれば、審査に通らなくてはなりませんので、どのくらいの金額を借りるのかを決めるようにしましょう。
審査の基準は各銀行によって違いますが、多くの場合は借りる金額と年収のバランスがとれているかどうかでも判断されるようになります。
収入の少ない人が多くの金額を借りようと思っても、返済能力がないと見なされれば審査に通ることは出来ませんし、他にもローンを組んでいる場合には、その辺りも踏まえながら審査をされるようになるでしょう。
銀行側は返済をしてもらえなければ困る事になりますので、きちんと返済をしてくれそうな人でなければ審査に通すことはありません。
年収が低い人の場合は、借りたい金額次第では審査に通らない可能性がありますので、ある程度頭金を用意するようにし、借りる金額を減らす方法もあります。
住宅を購入するまでにどのくらいの頭金を貯められるかがポイントになる為、一時的に実家暮らしをするなどして頭金を貯めていくようにしてもいいでしょう。
住宅ローンの審査にぎりぎりで通ったとしても、実際に返済が出来なくなると大変ですので、本当に毎月遅れる事無く返済が可能なのかも自分で判断しておかなくてはなりません。
お金は審査に通りさえすれば何とかなるというものではなく、借りてからも重要ですので、自分で返済能力があるかも判断して借りる金額を決めることです。
計画性を持て住宅ローンを組むようにすれば、楽に返済が出来るようになるでしょう。